家庭用脱毛機でヒゲ脱毛?買ってはいけない理由

自宅で気軽に脱毛できたら良さそうですよね〜

わざわざエステに行くのは面倒だし、他人に裸を見られるのも嫌だし、しかも自分でやる方が安くできる気がします。

 

そんなわけで最近、家庭用脱毛機が売れてるみたいなんですが…

僕はいろいろ調べた結果、あえて家庭用脱毛器をおすすめしません。

脱毛ブログライターの僕が「家庭用脱毛機」を買わない理由

いろんな電化製品と同じように、家庭用脱毛機もこれから進歩していくと思いますが、家庭用脱毛機がどれだけ進歩してもたくさんリスクがあります。

 

顔に消えない傷が残るかもしれない

もちろんやけどしたり、腫れたりするリスクは、脱毛エステやクリニックに行ってもあります。

けれどもリスクの大きさは、家庭用脱毛機 >> 脱毛エステサロン > 脱毛クリニックです。

 

例えば、インフルエンザの予防注射を打ってもらうことを想像してみてください。

次のうちどの方法を選びますか?

①病院に行ってお医者さんか看護師さんに打ってもらう

②ネットで買って自分で打つ

 

悩むこともなく①を選びますよね?(^^;)

もちろん脱毛と注射を打つことは違いますが、どちらも本来医者がやることです。

だって毛根を破壊するくらいの強力なレーザー光線を肌にあてているんです。

 

それに、もし自宅で脱毛機を使ってる時にやけどするとか、レーザー光線を目に当てて視力が低下するとか、そんな緊急事態が起きたらどうしますか?

もちろんどんな脱毛方法でもリスクはありますが、もし肌に問題が起きた時、診察したり、薬を処方したりしてくれるのはクリニックだけです。

 

なので僕は、家庭用脱毛機を試しに使ってみようという気持ちすら起きません。

ましてやヒゲ脱毛のように顔に使用する勇気はありません!

もしかしたら、どうしても家から出られないとか、やむをえない事情があって家庭用脱毛機を使いたい方がいるかもしれませんね。

もしそうだったとしても、相当慎重に扱うようにしてください

 

永遠に髭はなくならない

家庭用脱毛機では永久脱毛はできません

ひげの量を少しだけ減らすとかじゃなくて、しっかりと永久脱毛したいのならば、家庭用脱毛機は解決策にならないでしょう。

 

脱毛する時に考えた方がいいのは、その脱毛方法の「効果」です。

もちろん家庭用脱毛機は、除毛クリームとか、抑毛ローションとは根本的に違うので、ある程度は減毛するかもしれませんが、エステサロンやクリニックの脱毛機よりも効果はずっと低いです。

なぜかと言うと、家庭用脱毛機を使って健康被害がでたら大変なことなので、法律によってパワーが出せないようにできているからです。

 

つまり、家庭用脱毛機はリスクは高く、でも効果低い、そして脱毛方法なんです。

 

じゃあどうすればいいの!?

自宅でひげを永久脱毛する方法は今のところありません

でも髭剃りのわずらわしさから永久に解放されたいのであれば、クリニックでの医療脱毛という方法があります。

 

クリニックの永久脱毛と言うと、高いとか痛いとかいろんな誤解をしている人がいますが、例えば湘南美容クリニックなら6回のコースでわずか29,800円です

一方、例えば家庭用脱毛機でトップクラスの人気を誇る「ケノン」は69,800円です。

つまり機械の半額で医療脱毛は受けられます。

 

クリニックで使われている脱毛機はパワーがあるので、6回で終了することも珍しくありません。

またクリニックなら麻酔を受けられるので、痛みを抑えることもできます。

安全面の問題、効果の問題、費用の問題。いろいろ考えると、脱毛器よりもクリニックに通う方が良いと僕は思いました。

あなたの地元の男性脱毛のお店を調べるならば、こちらが断然便利です。

【全国1,800軒超】メンズ脱毛店 圧倒的データベー